縮毛矯正の思ひ出

いつの頃からか、覚えていませんが、思春期にさしかかる頃からくせ毛だったと思います。
子どもの頃はそうでもなかったようなのですが、今でもくせ毛です。
くせは、そこまで強い方ではないらしいのですが、髪の毛が多くて、扱いにくく、
ボブよりも長いといつも縮毛矯正をかけています。

初めてかけたのは中学生だったと思います。
ぼさぼさになるので叔母が美容師だった事もあり、縮毛矯正をかけてもらいました。
当時は薬剤も今ほど良くなかったので、頭皮がかぶれたりしたこともありました。
それでも、やっぱり縮毛矯正をかけているのと、いないのとでは朝の身支度の楽さが全然違うので
長くなってくると上の方を半分かける、みたいなことを続けていました。

大学生になり、県外に出ると、自分で美容院でかけるには高かったので
帰省するたびに、縮毛矯正をかけていたように思います。
どうしても気になるときは、自分で市販のストレートパーマをかけたりもしましたが、
やっぱり美容院の縮毛矯正には全然かないませんでした。

社会人になってからも、年に1、2回はかけていました。
長いときは髪が重いので、ごまかせたりもしますが、やはりボブくらいの長さだと気になるし、
毎日ドライヤーやアイロンでお手入れするのも面倒で、結局、縮毛矯正をかけています。
現在はショートから、伸ばし中なので、また、それなりの長さになったらやっぱり縮毛矯正をかけたいな、と思います。